読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の読書。読んだ本・ビジネス書を記録するブログ

読んだ本・ビジネス書を記録するブログです。ビジネス書を中心に読んだ本を記録していきます

【会議】『「結果を出す会議」に今すぐ変えるフレームワーク38』小野ゆうこ

『「結果を出す会議」に今すぐ変えるフレームワーク38』小野ゆうこ 

「結果を出す会議」に今すぐ変えるフレームワーク38

「結果を出す会議」に今すぐ変えるフレームワーク38

  • 作者: 小野ゆうこ
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2016/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

本の目次

1 会議は変えられる!そして結果は今すぐ出せる!
2 まずは会議を円滑に運ぶ「絶対ルール」で土台をつくる!
3 結果を出す会議に変える「フレームワーク」発想・拡散編
4 会議を創発的にする「フレームワーク」収束・集約編
5 会議を活性化するポイント!
6 “目的別”結果を出す様々な会議スタイル
7 “シチュエーション別”会議がうまくいかないときの対処法

 

会議で結果を出すには?

結果が出ない、結論が出ない会議。ありますよね。

そんな会議にならないように、結果や結論が出る会議になるように、使えるフレームワークが38紹介されています。

 

例えば、以下のようなことです。

対話スタイルで「成功しているつもりになる」

会議でダメ出しをするのではなくて、会議でも対話をする、提案をしていって、成功している、成功できているつもりになるというものです。

 

「なるほど、だったらさらに、○○したら、もっと良くなるね。」

 

こんな風に、もっとうまくいくための方法を考えると、アイデアなどが出て来やすいということです。

 

PDCAで会議を回す

会議も、PDCAで回すと、仕事が進みやすいですね。

 

ということを、こちらの『プロフェッショナル・ミーティング』では書かれています。

【会議】『プロフェッショナル・ミーティング』長田英知 - ビジネス書をビジネスのチカラに

プロフェッショナル・ミーティング

プロフェッショナル・ミーティング

  • 作者: 長田英知
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/09/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

会議で、PDCAを回していく手法などを知りたい方は、こちらを読んでみてください。

 

結論や結果が出る会議に変える

結論が出ない会議だと、辛いですよね。結局、どうするのか?よくわからないですから。

 

そのために、どうするか?

 

本書では、結論を出して、結果を出すための会議に変える、フレームワークが紹介されています。

これらを使って、会議を変えて、仕事の成果を出したいものですね。

 

「結果を出す会議」に今すぐ変えるフレームワーク38

「結果を出す会議」に今すぐ変えるフレームワーク38

  • 作者: 小野ゆうこ
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2016/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)